昨日の送り火と本日から営業開始

企業の多くは昨日までが夏休み、そして本日から営業開始である。

京都では毎年8月16日は「送り火」が行われ、京都の人たちは思い思いの人を心に想い、送り火を見つめ手を合わせます。
「送り火」は、京都以外の人は「大文字」と呼ぶ人も多いです。

送り火もこのコロナ禍で自粛でした。
上記の写真は「大」の文字だが、火が6点と寂しい限り。

「大」の文字以外の「妙法」「船形」「左大文字」「鳥居形」は火が1~2点と、こちらもなんとも言えないが、コロナ禍とはいえこの悪天候の中、このような伝統的な大切な行事を行ってくださった地元の保存会の方々には、感謝申し上げます。

コロナによる祇園祭や送り火の自粛で例年の賑わいのない京都だが、コロナ騒動も落ち着き、一日も早くいつもの京都に戻ることを願う今日この頃である。