P005

越前手漉き和紙 キラ刷り「市松」

越前手漉き和紙に、キラリと光る雲母の粉「キラ」で 市松模様を施してあります。
(模様は表面のみ)
歌舞伎役者が袴に用いたことから、
江戸時代から現代まで人気を博している市松模様。
現代でも古さ感じないこの単純な図柄は、
名刺を渡す相手に粋な印象を与えます。
40代から60代の男性に人気がある柄です。

※この用紙は活版印刷でのみ承りが可能です。
  詳しくは >>活版印刷のページへ


活版印刷対応:○
P005a
P005a

この用紙で選べるデザイン

























用紙代

  ※印刷代別、消費税別
枚数 用紙代
50枚 2,200円
100枚 4,400円
200枚 8,800円
300枚 13,200円
301枚以上
100枚ごとに
+4,400円
印刷代は各デザインの選択ページで
ご確認ください 料金の計算方法